ログアウト
 
  • 事前連絡
search
 
 

トップ > 絵画・版画 > ラ行 > ローランサン > マリー・ローランサン 「エーヴ」
絵画・版画 > 主な海外作家 > ローランサン > マリー・ローランサン 「エーヴ」
ローランサン > マリー・ローランサン 「エーヴ」
絵画・版画 > ≫価格ライン(絵画) > I : 500万円以上 > マリー・ローランサン 「エーヴ」
絵画・版画 > 近・現代絵画(20世紀以後) > エコールドパリ > └ ローランサン > マリー・ローランサン 「エーヴ」
[軽井沢]絵画 > └ ローランサン > マリー・ローランサン 「エーヴ」
絵画・版画 > 主な海外作家 > ローランサン > 肉筆画 > マリー・ローランサン 「エーヴ」
絵画・版画 > ラ行 > ローランサン > 肉筆画 > マリー・ローランサン 「エーヴ」

マリー・ローランサン 「エーヴ」
マリー・ローランサン 「エーヴ」
マリー・ローランサン 「エーヴ」
マリー・ローランサン 「エーヴ」
マリー・ローランサン 「エーヴ」
マリー・ローランサン 「エーヴ」
マリー・ローランサン 「エーヴ」
マリー・ローランサン 「エーヴ」
マリー・ローランサン 「エーヴ」
マリー・ローランサン 「エーヴ」
マリー・ローランサン 「エーヴ」
マリー・ローランサン 「エーヴ」
マリー・ローランサン 「エーヴ」
マリー・ローランサン 「エーヴ」
拡大画像

マリー・ローランサン 「エーヴ」

Eve
 
技法 :キャンバスに油彩(仏F15号)
 
制作年 :1925年頃
 
サイズ :65×54cm(画)/ 87×77 cm(額)
 
レゾネNo. :「Daniel MARCHESSEAU」油彩作品総目録 No.324
 
状態 良好 絵具のヒビ、剥離等目立つような損傷なし
 
備考 :画面右上にサイン、キャンバス裏に年記
    Daniel MARCHESSEAU 照会確認済
購入数

DB-012319
Web価格 : 15,400,000
創業36周年記念特価 :

100,000,000 円(税込)

≫ 目安の価格はページ上部「価格ライン」を参照

≫ 付属品(専用箱、作品保証書など)について

 

[ 合計お支払い金額50,000円以上は配送料無料 ]

マリー・ローランサン 「エーヴ」
マリー・ローランサン 「エーヴ」
マリー・ローランサン 「エーヴ」
マリー・ローランサン 「エーヴ」
マリー・ローランサン 「エーヴ」
マリー・ローランサン 「エーヴ」
マリー・ローランサン 「エーヴ」

作品解説

第一次世界大戦勃発を機に、ドイツ人男爵の夫とスペインに亡命したローランサンは新たな画風を模索していました。当時キュビズムの画家の一人として知られていた彼女の画風は次第に変化を遂げ、淡く柔らかな色彩で愛らしい女性たちを描いた独自のスタイルを確立していきます。

1924年には、セルゲイ・ディアギレフ率いるバレエ・リュスのバレエ「牡鹿」の衣装と舞台美術を手掛けており、このバレエ・リュスへの参加がきっかけで舞踊や舞台美術、舞台衣装を意識した油彩を並行して描くようになり、更に作品の幅が広がっていきました。
 

 

略歴

マリー・ローランサン Marie Laurencin (1883-1956)

20世紀フランスを代表する女流画家。1904年、アカデミー・アンベールで写実を学び、ブラックとも知遇を得る。 1905年頃、“洗濯船”でピカソらと交友。詩人アポリネールと恋におちる。1912年、パリで初個展。 キュビスムの影響から次第に脱し、豊かな感受性でやわらかで憂いを秘めた女性像を描き続けた。舞台装飾、挿画本、版画なども多く手掛けている。



技法解説