ログアウト
 
  • 事前連絡
search
 
 

トップ > ユトリロ > 版画 > モーリス・ユトリロ 「雪のムーラン・ド・ラ・ギャレット」
絵画・版画 > ヤ行 > ユトリロ > 版画 > モーリス・ユトリロ 「雪のムーラン・ド・ラ・ギャレット」
絵画・版画 > ≫価格ライン(絵画) > C : 20〜50万円 > モーリス・ユトリロ 「雪のムーラン・ド・ラ・ギャレット」
絵画・版画 > 技法で選ぶ > その他(コロタイプ 他) > モーリス・ユトリロ 「雪のムーラン・ド・ラ・ギャレット」
絵画・版画 > 近・現代絵画(20世紀以後) > エコールドパリ > モーリス・ユトリロ 「雪のムーラン・ド・ラ・ギャレット」
[軽井沢]絵画 > └ ユトリロ > モーリス・ユトリロ 「雪のムーラン・ド・ラ・ギャレット」
絵画・版画 > 主な海外作家 > ユトリロ > 版画 > モーリス・ユトリロ 「雪のムーラン・ド・ラ・ギャレット」

モーリス・ユトリロ 「雪のムーラン・ド・ラ・ギャレット」
モーリス・ユトリロ 「雪のムーラン・ド・ラ・ギャレット」
モーリス・ユトリロ 「雪のムーラン・ド・ラ・ギャレット」
モーリス・ユトリロ 「雪のムーラン・ド・ラ・ギャレット」
モーリス・ユトリロ 「雪のムーラン・ド・ラ・ギャレット」
モーリス・ユトリロ 「雪のムーラン・ド・ラ・ギャレット」
モーリス・ユトリロ 「雪のムーラン・ド・ラ・ギャレット」
モーリス・ユトリロ 「雪のムーラン・ド・ラ・ギャレット」
拡大画像

モーリス・ユトリロ 「雪のムーラン・ド・ラ・ギャレット」

Moulin de la Galette sous la neige
 
技法 :ポショワール
 
制作年 :1900年代中頃
 
サイズ :48×31 cm(画)/ 76×60 cm(額)
 
部数
 
状態 良好
 
備考 :ダニエル・ジャコメ版
購入数

DB-011350
Web価格 : 385,000
創業36周年記念特価 :

385,000 円(税込)

≫ 目安の価格はページ上部「価格ライン」を参照

≫ 付属品(専用箱、作品保証書など)について

 

[ 合計お支払い金額50,000円以上は配送料無料 ]

モーリス・ユトリロ 「雪のムーラン・ド・ラ・ギャレット」
モーリス・ユトリロ 「雪のムーラン・ド・ラ・ギャレット」
モーリス・ユトリロ 「雪のムーラン・ド・ラ・ギャレット」
モーリス・ユトリロ 「雪のムーラン・ド・ラ・ギャレット」

作品解説

本作は、刷師ダニエル・ジャコメによるポショワール版画です。
ダニエル・ジャコメが手掛けた版画は、ポショワールでしか表現できない鮮やかな色彩と肉筆に近い版画が高い評価を得、人気を博しました。

※ダニエル・ジャコメ  Daniel Jacomet (1894-1966)
20世紀前半のフランス・パリで活躍した版画家。 ピカソ、シャガール、ルオー、デュフィ、ミロ、藤田嗣治、マティスら近代絵画の巨匠の版画を制作した。 より原画に近い仕上がりにするため、ポショワールによる手彩色を組み合わせた高品位の版画を制作し、 多くの画家の信頼を集めた。

※ポショワール
ポショワール(Pochoir)はステンシル=型紙の意で、亜鉛や銅などの金属版を切り抜き、その孔に合わせて上から刷毛を使って彩色する技法。20世紀初頭にアールデコの分野を中心に流行した版画技法。

 

略歴

モーリス・ユトリロ Maurice Utrillo(1883-1955)

母は画家兼モデルのシュザンヌ・ヴァラドンであるが、父は不明。10歳頃より飲酒を覚え、17歳で最初のアルコール中毒による入院。医師の助言と母の説得で、治療のため絵を描き始める。ほぼ独学で絵を学び、1908年頃、白を基調とする「白の時代」に到達。1913年、初の個展を開催。次第に鮮やかな色彩を用いるようになる。一方、アルコール中毒は治らず、幾度となく入退院を繰り返す。1928年レジオン・ドヌール勲章受章。 エコール・ド・パリ(パリ派)の代表的画家。生涯を過ごしたモンマルトルの街を繊細な筆遣いで描き続けた。



技法解説