ログアウト
 
  • 事前連絡
search
 
 

トップ > 長谷川潔 > オリジナル版画 > 長谷川潔 「水浴の少女と魚」
絵画・版画 > 主な日本人作家 > 長谷川潔 > オリジナル版画 > 長谷川潔 「水浴の少女と魚」
絵画・版画 > ≫価格ライン(絵画) > D : 50〜100万円 > 長谷川潔 「水浴の少女と魚」
絵画・版画 > 技法で選ぶ > 銅版画(エッチング 他) > 長谷川潔 「水浴の少女と魚」
[新春逸品会] 絵画・版画 > 長谷川潔 「水浴の少女と魚」
[軽井沢]絵画 > └ 長谷川潔 > 長谷川潔 「水浴の少女と魚」

長谷川潔 「水浴の少女と魚」
長谷川潔 「水浴の少女と魚」
長谷川潔 「水浴の少女と魚」
長谷川潔 「水浴の少女と魚」
長谷川潔 「水浴の少女と魚」
長谷川潔 「水浴の少女と魚」
長谷川潔 「水浴の少女と魚」
長谷川潔 「水浴の少女と魚」
長谷川潔 「水浴の少女と魚」
長谷川潔 「水浴の少女と魚」
拡大画像

長谷川潔 「水浴の少女と魚」

Baigneuse et poisson
 
技法 :ポアントセッシュ
 
制作年 :1971年
 
サイズ :21×14 cm(画)/ 53×42 cm(額)
 
レゾネNo. :H-356
   
部数 :38/60
   
状態 :良好
 
備考 :直筆サイン
購入数

DB-011334
Web価格 : 990,000
創業36周年記念特価 :

100,000,000 円(税込)

≫ 目安の価格はページ上部「価格ライン」を参照

≫ 付属品(専用箱、作品保証書など)について

 

[ 合計お支払い金額50,000円以上は配送料無料 ]

長谷川潔 「水浴の少女と魚」
長谷川潔 「水浴の少女と魚」
長谷川潔 「水浴の少女と魚」
長谷川潔 「水浴の少女と魚」
長谷川潔 「水浴の少女と魚」

作品解説

長谷川潔の最後の作品となった本作品「水浴の少女と魚」 は同じ主題で制作された1925年作品(ポアント・セッシュ/限定25部)を元とした、長谷川芸術の集大成と高く評されています。少女の白く美しい肢体、その横を泳ぐ一匹の魚、背景に浮かぶ文様群...静謐で神秘的な画面は長谷川が到達した美の哲学の再現にほかなりません。

28歳で渡仏してからその生涯をフランスで過ごした長谷川は、欧州の版画技法、画面構成を完全に取得したのち、自分の中に潜在する日本の伝統を意識するようになったといいます。7年もの歳月をかけて制作した挿画本『 竹取物語 』(1933年出版)で用いられた様々な文様は本作品でも重要な役割を演じています。

西洋と東洋が結びつき昇華された本作品は明晰でありながら、深遠な瞑想の世界へと観る者をいざなう、美術史上の傑作のひとつであることは疑いありません。

 
「水浴の少女と魚」
ポアント・セッシュ
1925年 15×8
限定25部

 

略歴

長谷川 潔 Kiyoshi Hasegawa(1891-1980)

1918年の渡仏以降、パリを拠点に活動した銅版画家。メゾチント(マニエル・ノワール)やエングレーヴィングといった古典的版画技法を研究し、独自の様式として確立する。サロン・ドートンヌやフランス画家・版画家協会に所属してパリの画壇で高く評価された。1935年、レジオンドヌール勲章受章。1966年、フランス文化勲章を受章。 その幻想的な主題と繊細な描写、静謐な黒の世界は、後世の画家たちに多大な影響を与えた。



技法解説