ログアウト
 
  • 事前連絡
search
 
 

トップ > ミュシャ > 挿画本、美術誌 > 『クリスマスと復活祭の鐘』 > アルフォンス・ミュシャ 「クリスマスと復活祭の鐘・62」
絵画・版画 > 主な海外作家 > ミュシャ > 挿画本、美術誌 > 『クリスマスと復活祭の鐘』 > アルフォンス・ミュシャ 「クリスマスと復活祭の鐘・62」
絵画・版画 > マ行 > ミュシャ > 挿画本、美術誌 > 『クリスマスと復活祭の鐘』 > アルフォンス・ミュシャ 「クリスマスと復活祭の鐘・62」
絵画・版画 > ≫価格ライン(絵画) > B : 10〜20万円 > アルフォンス・ミュシャ 「クリスマスと復活祭の鐘・62」
[軽井沢]ミュシャ > アルフォンス・ミュシャ 「クリスマスと復活祭の鐘・62」
絵画・版画 > インテリア・アート > > アルフォンス・ミュシャ 「クリスマスと復活祭の鐘・62」
絵画・版画 > 古典絵画(19世紀以前) > アールヌーヴォー > アルフォンス・ミュシャ 「クリスマスと復活祭の鐘・62」
[軽井沢]絵画 > └ ミュシャ > アルフォンス・ミュシャ 「クリスマスと復活祭の鐘・62」

アルフォンス・ミュシャ 「クリスマスと復活祭の鐘・62」
アルフォンス・ミュシャ 「クリスマスと復活祭の鐘・62」
アルフォンス・ミュシャ 「クリスマスと復活祭の鐘・62」
アルフォンス・ミュシャ 「クリスマスと復活祭の鐘・62」
拡大画像

アルフォンス・ミュシャ 「クリスマスと復活祭の鐘・62」

『クリスマスと復活祭の鐘』
"CLOCHES DE NOEL ET DE PAQUES"
 
技法 リトグラフ
 
制作年 1900年
 
サイズ 21×16 cm(画)(シート)
 
レゾネNo. A.B.L26
 
部数 252
 
状態 良好
 
備考 ※未額装 ご注文後、新品額装いたします。
額仕様にご希望がある場合はお申し付けください。
購入数

DB-7414
Web価格 : 121,000
創業36周年記念特価 :

121,000 円(税込)

≫ 目安の価格はページ上部「価格ライン」を参照

≫ 付属品(専用箱、作品保証書など)について

 

[ 合計お支払い金額50,000円以上は配送料無料 ]

アルフォンス・ミュシャ 「クリスマスと復活祭の鐘・62」
アルフォンス・ミュシャ 「クリスマスと復活祭の鐘・62」

作品解説

挿画本『クリスマスと復活祭の鐘』
« CLOCHES DE NOEL ET DE PAQUES »

 
ミュシャ クリスマスと復活祭の鐘 著 者 :EMILE GEBHART

出版元 :アンリ・ピアッツァ社

制作年 :1900年

制作工房:シャンプノワ工房

技 法 :リトグラフ

制作部数:252部


キリスト生誕を前後する約百年間の出来事を主題にした物語。
全ページ、ミュシャの装飾模様と挿絵で埋め尽くされた本書はさながら、アール・ヌーヴォー様式の万華鏡のよう。
本文をおおい尽くす様に描かれた蔓草や花々は、まるで一つの生命体のように画面を取り囲み、神秘主義に彩られた文章を一層際立たせています。

 

略歴

アルフォンス・ミュシャ Alphonse MUCHA (1860-1939)

アール・ヌーヴォー様式が流行していたパリの世紀末を代表する画家。ポスター、装飾パネルを始め、挿画本、美術誌表紙、販促物などのために数々の優美な女性像を制作した。装飾デザインにも優れた才能を発揮。アール・ヌーヴォー期の寵児として活躍後、チェコに戻り、自身のルーツであるスラヴ民族の歴史を「スラヴ叙事詩」に描き上げた。



技法解説

ミュシャ 『クリスマスと復活祭の鐘』 その他の作品

アルフォンス・ミュシャ 「クリスマスと復活祭の鐘・72」

アルフォンス・ミュシャ 「クリスマスと復活祭の鐘・72」

アルフォンス・ミュシャ

0円(税込)

アルフォンス・ミュシャ 「クリスマスと復活祭の鐘・56」

アルフォンス・ミュシャ 「クリスマスと復活祭の鐘・56」

アルフォンス・ミュシャ

121,000円(税込)