ログアウト
 
search
絵画・版画
西洋アンティーク
藤田嗣治
竹久夢二
長谷川潔
浜口陽三
ミュシャ
デュフィ
イカール
シャガール
ユトリロ
マティス
マグリット
ローランサン
自社エディション版画
世界の名画シリーズ複製版画
企画展 『デュフィ展』
企画展 『シャガール展』
[軽井沢]ミュシャ
[軽井沢]藤田嗣治
[軽井沢]アンティーク
     

    トップ > 西洋アンティーク > ◆オールドノリタケ > オールドノリタケ 「花文金彩ビ―ディングキャンドルスティック」

    オールドノリタケ 「花文金彩ビ―ディングキャンドルスティック」
    オールドノリタケ 「花文金彩ビ―ディングキャンドルスティック」
    オールドノリタケ 「花文金彩ビ―ディングキャンドルスティック」
    オールドノリタケ 「花文金彩ビ―ディングキャンドルスティック」
    拡大画像

    オールドノリタケ 「花文金彩ビ―ディングキャンドルスティック」

    制作年 1891-1915年頃
     
    技法 金彩、ビ―ディング
     
    サイズ D16cm H7cm
     
    状態 良好
     
    備考 底部に商標(メープルリーフ印 グリーン)
    購入数

    DB-CE-0469
    Web価格 : 16,200
    創業32周年記念特価 :

    0 円(税込)

    [ 合計お支払い金額50,000円以上は配送料無料 ]

    SOLD OUT
    オールドノリタケ 「花文金彩ビ―ディングキャンドルスティック」
    オールドノリタケ 「花文金彩ビ―ディングキャンドルスティック」
    • 1891-1915年頃に使用されたメープルリーフ印と呼ばれる窯印。米国輸出向けに使用されたもの。

    略歴

    オールドノリタケ Early Noritake (1876-1941)

    1876年、森村市左衛門が東京に森村組を設立し、日本の美術品の米国向け輸出を開始。
    この後、瀬戸の窯元や国内各地の絵付け工房と提携し陶磁器の製造、輸出を行う。
    1904年、森村組の首脳が中心となり愛知県の則武に日本陶器合名会社を創立。この地名が商標名「ノリタケ」の由来となる。
    1917年、日本陶器合名会社を日本陶器株式会社に改組。
    1932年、ボーンチャイナの開発に入り、1935年から本格生産を開始。
    1941年、第二次世界大戦のため生産が縮小され、やがて停止に追い込まれる。
    (現在、この頃までに造られた陶磁器が「オールドノリタケ」として扱われている)
    1981年、社名をノリタケカンパニーリミテッドに改称。