ログアウト
 
  • 5%還元
  • ※店舗でのお買上げのみ対象

search
 
 

トップ > 藤田嗣治 > 版画 > 藤田嗣治 「或る女(赤いショールの女)」
絵画・版画 > 主な日本人作家 > 藤田嗣治 > 版画 > 藤田嗣治 「或る女(赤いショールの女)」
絵画・版画 > ≫価格ライン(絵画) > C : 20〜50万円 > 藤田嗣治 「或る女(赤いショールの女)」
絵画・版画 > 技法で選ぶ > 木版画(板目,木口木版 他) > 藤田嗣治 「或る女(赤いショールの女)」

藤田嗣治 「或る女(赤いショールの女)」
藤田嗣治 「或る女(赤いショールの女)」
藤田嗣治 「或る女(赤いショールの女)」
藤田嗣治 「或る女(赤いショールの女)」
藤田嗣治 「或る女(赤いショールの女)」
藤田嗣治 「或る女(赤いショールの女)」
拡大画像

藤田嗣治 「或る女(赤いショールの女)」

Jeune femme au chale rouge
 
技法 木版
 
制作年 1930年代中頃
 
サイズ 39×26 cm(画)/ 61×49 cm(額)
 
部数
 
レゾネNo. SB 29.126
 
状態 良好
 
備考 和紙刷り 版上サイン
購入数

DB-010083
Web価格 : 275,000
創業31周年記念特価 :

275,000 円(税込)

※ 目安の価格はページ上部の価格ラインをご覧ください

[ 合計お支払い金額50,000円以上は配送料無料 ]

藤田嗣治 「或る女(赤いショールの女)」
藤田嗣治 「或る女(赤いショールの女)」
藤田嗣治 「或る女(赤いショールの女)」

作品解説

本作品と並び「ブロンドの女性」「赤毛の女性」は昭和初期の日本の木版画工房で制作された、数少ない木版画による美人画として人気が高い。

 

略歴

藤田 嗣治 Tsuguharu FOUJITA (1886–1968)

エコール・ド・パリを代表する日本人画家。現代においても最も有名な日本人画家として高く評価されている。猫と女性を得意な画題とし、日本画の技法を油彩画に取り入れた「乳白色の肌」の裸婦像は西洋画壇から絶賛を浴びた。その晩年まで制作意欲が衰えることはなく絵画のみならず、銅版画・石版画・木版画などの版画作品でも様々な名作を残している。線の描写が美しい裸婦や子ども、そして猫の銅版画、また色彩で魅せる石版画の母子像、味わい深い木版画など、藤田嗣治の高い芸術性と遊び心が伝わる版画作品の数々は、今もなお世界中の人々を魅了している。