ログアウト
 
  • 5%還元
  • ※店舗でのお買上げのみ対象

search
 
 

トップ > 西洋アンティーク > ≫価格ライン(アンティーク) > A : 10万円未満 > ボヘミア 「金彩小花ボウル&ソーサー」
西洋アンティーク > ガラス工芸 > 食器(ガラス) > ボヘミア 「金彩小花ボウル&ソーサー」
西洋アンティーク > ガラス工芸 > ▶その他の作家 > ボヘミア 「金彩小花ボウル&ソーサー」

ボヘミア 「金彩小花ボウル&ソーサー」
ボヘミア 「金彩小花ボウル&ソーサー」
ボヘミア 「金彩小花ボウル&ソーサー」
ボヘミア 「金彩小花ボウル&ソーサー」
拡大画像

ボヘミア 「金彩小花ボウル&ソーサー」

制作年
 
技法 被せガラス
 
サイズ
 
ボウルD11.5×H5.7cm
 ソーサーD15.3cm
 
状態 良好
 
備考
購入数

DB-GA-0622
Web価格 : 23,760
創業31周年記念特価 :

0 円(税込)

※ 目安の価格はページ上部の価格ラインをご覧ください

[ 合計お支払い金額50,000円以上は配送料無料 ]

SOLD OUT
ボヘミア 「金彩小花ボウル&ソーサー」
ボヘミア 「金彩小花ボウル&ソーサー」

作品解説

チェコにおけるガラス産業は、9世紀頃にモラヴィア(チェコ北東部)・ボヘミア(チェコ西部)・シレジア(チェコ北東部)のモラヴィア帝国で装身具の材料としてガラスが使われたのが始まりとされます。その後、そのガラス製造技術はモラヴィア帝国滅亡後に築かれたボヘミア王国へと受け継がれていき、この頃、ボヘミアガラスはステンドグラスやガラス器などにも使用されるようになりました。